眼精疲労と関係のある目の病気

眼精疲労の大部分が外的な環境要因によってもたらされることは事実ですが、眼精疲労自体が他の病気の合併症であるケースもないわけではありません。ただの目の酷使による眼精疲労だと思っていると大元の病気の発見に遅れて大変なことになる可能性がないとは言えませんので、眼精疲労が一向に治らないという場合は、他の病気に起因する眼精疲労の可能性も考えなければなりません。

 

眼精疲労の元になっている可能性のある病気は、やはり目の関連疾患が多いです。近年ではドライアイに起因する眼精疲労が増えており、ドライアイが眼精疲労をもたらすことも、逆に眼精疲労がドライアイをもたらすこともあるため、判断が難しいものです。また高齢では白内障や緑内障による眼精疲労もたびたび見られます。

 

他には、血管関連の疾患から眼精疲労が起こることも意外と多いものです。動脈硬化が進み目への血流量が恒常的に減少すると、やはり目の機能が落ちて眼精疲労に繋がります。眼精疲労が強く出るほどの動脈硬化では、いつ心筋梗塞や脳梗塞が起きても不思議ではないと言えますので、眼精疲労に関係なく治療を行わなければなりません。

 

いずれにせよ、眼精疲労に限りませんが、症状がいつまでも改善しない場合は病院に行って看てもらうことが重要です。眼精疲労があって目を気遣っているにもかかわらず長期間治らない、と申し出れば、検査によって眼精疲労の原因を調べてくれるはずです。

眼精疲労と関係のある目の病気記事一覧

ドライアイは目に関するポピュラーな問題ですが、その実態は目の健康を大きく損なう重大な問題です。その上、ドライアイは眼精疲労によって引き起こされることも、逆に眼精疲労の引き金になることもあるため、注意が必要な症状なのです。私たち人間の体には水分が必要不可欠です。皮膚も乾燥すれば荒れたり割れたりします。ましてや外皮を伴わない粘膜はなおのことで、常に十分な水分がないとすぐに縮んで痛んだりその機能が低下し...

歯痛の原因として真っ先に疑われるのは当然ながら虫歯であり、虫歯でなければ知覚過敏なども疑われるでしょう。しかしながら、歯痛があるにもかかわらず歯科医にいっても異常が見つからないというケースは、特に最近になって増えています。歯の表面〜中心が痛い場合は確かに歯そのものの原因が第一に考えられますが、根元が痛かったり全体的に鈍く弱い痛みがあり、歯科医にいっても歯に異常が見られなかった場合、その原因は眼精疲...

体の他の部位と同じように目も加齢によって大きく劣化していく部位です。そして目の老化の末に起こるのが白内障。白内障は主に水晶体の劣化によって起こるもので、レンズの役割をし光を一点に集める水晶体が濁ってしまうことにより、光を上手に屈折させることができなくなり、焦点を合わせられなくなったりきちんと像を結ばなくなってしまったりする状態です。しかしこの白内障の平均発症年齢は年々低下しており、また外傷や特別な...

斜視の原因は現在においても完全に解明されてはいませんが、先天的なものと後天的なものがあるとされています。そして後天的な斜視は眼精疲労から発生する場合があるため、毎日目を酷使している人は注意しなければなりません。斜視の初期症状はなんとなくピントが合いづらい・ものがぼやけて見えるといったものですが、これは疲れ目によくある症状でもあるため、斜視の初期症状に気付きにくいのです。斜視はごく初期ならば目のケア...

眼精疲労は近代的な生活習慣に深く結びついている健康問題ですが、特にパソコンのモニタなど表示機器からの光に起因する心身の不調・障害を総称してVDT症候群といいます。つまり、眼精疲労はVDT症候群の中の一つと言えるでしょう。VDT症候群は眼精疲労を内包する概念であり、ドライアイ・視力低下・肩や首の凝りなどの眼精疲労として典型的な症状はもちろん、いらいらや情緒不安定・不眠・抑鬱・自律神経失調など精神的な...

思春期ニキビと異なり、体の状態をつぶさに反映して発生する大人ニキビ。仕事で徹夜をしたり健康を考えない食事をしばらく続けたりすると、急にニキビができてびっくりしつつ歳を感じてしまう、そんな経験をした人は多いでしょう。大人ニキビは主にホルモンバランス・自律神経バランスが崩れたときに、局所的に皮脂分泌量が激増して発生します。逆に言えば、平常時の皮脂分泌量が落ち着く成人後では、清潔を保ち健康的な生活をして...

イメージ的に大きな剥離があるかもしれませんが、眼精疲労と薄毛・はげには関連のあるケースが少なからず存在します。眼精疲労とはげの接点は血流にあり、血流の問題によって眼精疲労とはげが同時に発生することは確かにありますし、眼精疲労で血流が悪くなってはげが引き起こされることもあります。とても強い相関があるわけではありませんが、少なくとも眼精疲労が頭皮・毛根の健康に良くないことは確かですので、髪が気になる人...

眼精疲労という字面だけ見ると、どうしてもただの疲れ目と混同されがちです。そして眼精疲労の中にただの疲れ目という状態も含みますのでなおさらややこしいのですが、両者ははっきり区別して考えられるべきものです。眼精疲労の症状としてありふれたものに、肩凝り・首凝りなどがあります。これは眼精疲労による血行不良の影響が肩や首に波及したもので、このように眼精疲労とは目・視神経・目の筋肉で起きた問題に起因する全ての...

目の重大な問題でありながら、中々気付かれにくい障害である緑内障。緑内障による初期の自覚症状は眼精疲労と似通ったところがあり、実際に緑内障から眼精疲労が引き起こされることもあります。「単なる疲れ目・目の使いすぎかと思っていたら目の違和感が急激に進行し、病院に行ったら緑内障だった」ということも実際にありますので、急に目が疲れるようになったり視界に違和感を覚えるようになったら、すぐに病院で検査を受けまし...

皆さんは眼瞼下垂(がんけんかすい)という疾患をご存じでしょうか。あまり知名度の高くないこの疾患、近年眼精疲労とともに発生頻度が高まってきており注意が必要となっています。眼瞼下垂は目の周りの筋肉を疲労させるだけでなく、自然に姿勢を悪くして肩や首・腰にまで負担をかけることがあり、文字通り体全体を悪くする原因となり得る重大な問題です。眼瞼下垂の症状は上まぶたが勝手に下がってくる・開きづらくなるといったも...

原因がよくわからないまま視界内にゴミが見えるようになる飛蚊症。ある程度年齢がいくと、飛蚊症の症状を認めつつもあまり気にせずに過ごしている人は少なくないのではないでしょうか。飛蚊症はごくありふれた症状ではありますし、実際にそのほとんどが何ら問題のない無害なものですが、一部には網膜剥離の表れであったり、眼精疲労が引き起こしていることなどもあり、注意が必要な飛蚊症も存在します。飛蚊症とは真っ白い色を見た...