眼精疲労と飛蚊症の関係

原因がよくわからないまま視界内にゴミが見えるようになる飛蚊症。ある程度年齢がいくと、飛蚊症の症状を認めつつもあまり気にせずに過ごしている人は少なくないのではないでしょうか。飛蚊症はごくありふれた症状ではありますし、実際にそのほとんどが何ら問題のない無害なものですが、一部には網膜剥離の表れであったり、眼精疲労が引き起こしていることなどもあり、注意が必要な飛蚊症も存在します。

 

飛蚊症とは真っ白い色を見たり光を見たりしたときに、視界に半透明の糸くずやゴミのようなものが見える症状で、これは実際に硝子体の内部に存在する何らかの物体が影を作っていることによります。例えば雑菌などの死骸や自身の目の細胞の死骸などが固まったり、外からのゴミ・非生物が何らかの理由で硝子体内部に取り込まれたりし、水晶体から集められた光が硝子体を通過するときにそれらの影ができてしまうわけです。

 

このように硝子体内部に何かがあって影ができている場合は、見え方に特に支障がないならば気にする必要はありません。しかし外傷により硝子体に細かな傷が入った場合なども光に影が差して飛蚊症を呈することがありますし、他に血管の異常も飛蚊症の原因になることがあります。さらには、眼精疲労に起因する炎症や目の劣化も飛蚊症を引き起こすことがあります。急に視界にゴミがたくさん出てきた、発生が急だというケースは、すぐに病院で検査を受けた方がいいでしょう。