眼精疲労と症状が似る緑内障

目の重大な問題でありながら、中々気付かれにくい障害である緑内障。緑内障による初期の自覚症状は眼精疲労と似通ったところがあり、実際に緑内障から眼精疲労が引き起こされることもあります。「単なる疲れ目・目の使いすぎかと思っていたら目の違和感が急激に進行し、病院に行ったら緑内障だった」ということも実際にありますので、急に目が疲れるようになったり視界に違和感を覚えるようになったら、すぐに病院で検査を受けましょう。

 

緑内障とは、視神経や網膜の問題によって視界の情報の一部が伝達されず、視野の一部が欠損する病気です。本当に穴が開いたかのように視野が欠けるのですが、不思議なことに本人はそのことに気付かないことが多いのです。そうして、進行して見え方が明らかにおかしくなってから病院を訪れ、進行した緑内障が発見されるというケースが典型的です。

 

何故このような事が起きるかというと、人間の脳は両目から得られた情報を高度に統合・補正し映像として認識します。そのとき、片目の視野の一部に欠損があっても、もう片目からの情報を使って埋め合わせて脳に映像を作るため、どちらか片目で見えている範囲の欠損ならば認識しにくかったりほとんど認識できなかったりするのです。

 

緑内障のチェック方は簡単かつ単純で、新聞などを視野を覆うように広げ、片目ずつ見て一部分だけ見えないところが無いかどうか調べます。インターネットでは視野欠けチェック用シートなども数多く公開されていますので、それらを利用するのもいいでしょう。視野の欠けがあったらすぐに病院へ行きましょう。