眼精疲労に効くアイパック

アイパックもマッサージと同じく、目の血流を促進するための対策として有効なものです。マッサージもそうですが、アイパックは行っている最中に目に気持ちよさを感じますから、気分転換やストレス解消の意味もあり精神的にもリフレッシュできるため、仕事の休憩時間などでも気軽にパックすることをおすすめします。

 

アイパック用の美容商品は数多く販売されており、そのような商品は確かに有効成分を含んでいるため効果的ではあるのですが、日常的に行うパックとしては蒸しタオルを目の上に乗せるだけでも十分な効果を得られます。むしろお金がかかるから使い渋るくらいなら蒸しタオルパックをこまめに行う方がずっと効果的で、あくまで血流促進作用がメインですので、専用のアイパックは美容液のような扱いで週末や疲れが溜まった時用に使い、それ以外は蒸しタオルパックを毎日、お風呂上がりや休憩時間ごとに行うのが理想です。

 

ただし、目が充血しているときや感染がある場合は、暖めると炎症が進むため冷やさなければなりません。鏡で目を観察して、充血しているのがはっきりわかる場合は、冷水で冷やしたタオルでパックを行いましょう。ただし患部を冷やせば炎症は鎮められるものの、血管が収縮し血行は悪くなりますので、こちらはあくまで対症療法的なアプローチとなります。充血がなければ暖めて血行を良くするのが基本です。なお、マッサージなども同じ理由で充血時・感染時には向きませんので気をつけてください。