眼精疲労に効くマッサージ

目のマッサージは多くの人が考える以上に重要な疲労対策です。目の周りの筋肉は、目のピントを合わせるために酷使される筋肉です。筋肉自体にある程度の大きさがあるならば、多少疲労物質が溜まってもすぐに影響が出るわけではありませんが、目の周囲の筋肉は小さい筋肉がたくさん集まって機能をなしているため、疲労物質がちょっと溜まるとすぐに動きが悪くなり、筋肉が硬直して血流まで悪くなり、血行障害による影響が出始めます。したがって、こまめにマッサージをして凝り固まった筋肉をほぐしてやる必要があるのです。

 

目の回りには神経に通じているツボも多いため、眼球を強く押してはいけませんが、眼球の周りをうまく揉み込むとより高い効果が得られます。上下まぶた付近だけでなく、目尻のそばは重点的にマッサージしてあげたいものです。目の周りがじんわりと暖かくなるまでしっかりマッサージをしましょう。

 

目をマッサージすると、速やかに涙の分泌が起こり目が潤います。目のうるおいだけを目的とするならば目薬をさすよりマッサージするだけの方が手軽かつ効果的です。マッサージで目の血流を改善させると、マッサージした直後だけでなく血流がよくなっているしばらくの間は涙の分泌が活発な状態が続くため、しばらく目が潤った状態を維持できます。このため、ドライアイを併発している人は特にこまめにマッサージをするべきです。仕事の小休憩のたびに目を軽くマッサージすることを習慣づけましょう。