眼精疲労に良いアントシアニン

アントシアニンは、最もポピュラーな眼精疲労解消用の有効成分です。第二次世界大戦では夜間に飛行を行うパイロットにブルーベリーを支給したなどの逸話が残っており、昔から目にいい成分であるとして知られていました。近年の研究においてもそれが事実であることは変わらず、今でも代表的な目のサプリ成分という地位を保ち続けています。

 

アントシアニンが人間の目に良いとされる働きはいくつかあります。一つは吸収されたアントシアニンが目の中に溜められ、光が集中する部位に置かれることにより、光による細胞へのダメージをアントシアニンが吸収してくれるというものです。アントシアニンに限りませんが、このような色素はそもそも植物も紫外線から自身の果実や花弁を守るために作る成分であり、人間もおおよそ同じような目的に利用しているというわけです。

 

また、アントシアニンは植物性ポリフェノールの一種であるため、強い抗酸化作用を有し、これも目にとって見逃せない健康効果です。抗酸化作用・抗酸化物質というと、アンチエイジングや美容などのイメージを浮かべるかもしれません。しかし人間の細胞は紫外線を浴びると活性酸素を放出してしまい、その活性酸素が炎症を起こしたり周りの細胞を害する原因となるため、光を受け取って機能する器官である目にとって活性酸素を押さえ込む抗酸化物質は非常に重要なのです。

 

また、アントシアニンが目の神経伝達を行うために必要なロドプシンの合成を助けるため、目の機能を高める働きもあります。特に夜に目が利くようになるなどと言われます。