眼精疲労に良いDHA

DHAは近年特に取り上げられることの多い栄養素です。といっても目に対する作用ではなく、主に生活習慣病予防に役立つとして、テレビや雑誌などの健康情報でよく見かけるようになっています。DHAが何故生活習慣病予防に役立つのかというと、DHAが血中の中性脂肪およびコレステロールを減らし、また過剰な血小板の凝固性を制御することで血液の流れを良くしてくれるため、生活習慣病の中でも罹患者の多い動脈硬化・狭心症・心筋梗塞などの血管関連疾患の対策に役立つのです。このことは、そのまま目にも役立つ効果ということができます。

 

目にとって正常な血流は非常に重要です。視神経は脳細胞の一部が伸びてできたような組織であり、脳と同じく視神経も大量の栄養素と酸素を常に消費するため、視神経と目の接続部位である網膜には大量の毛細血管が伸びています。この毛細血管が網膜に大量の血液とともに酸素と栄養素を供給しているのですが、毛細血管だけに血管の劣化に弱く、動脈硬化などが起こるとすぐに血流が阻害されてしまいます。そこで、血管の健康を保つDHAが役立つというわけです。

 

DHAは網膜・視神経の健康を保つのみならず、目の筋肉の疲労解消にも重要です。目の筋肉は疲労物質が溜まりやすく、血流が悪く疲労物質がうまく回収されないとすぐに眼精疲労が引き起こされてしまいますが、DHAの摂取により血流の良い状態を保てれば、目の筋肉もほぐれ眼精疲労の解消につながるでしょう。