眼精疲労に良いルテイン

ルテインもアントシアニンと同じく、自然の植物や動物が紫外線の影響を免れるために合成する色素の一種です。人間の目にももともと存在する色素ですが、残念ながら人間はルテインを自前で合成できない上、加齢によって体内量を消費し続けるため、外から補給することが必要となってきます。

 

ルテインは特に近年注目されている成分です。それは、ルテインは目を守る色素の中でも特に青色光を吸収する力が強いからです。目の健康の話題に興味のある方ならすぐにピンときたかもしれません。そうです、目に有害とされるブルーライトを吸収する強い働きがルテインにはあるのです。ルテインは黄色の色素であり、その補色(色相環で正反対の色)が青(青紫)ですので、この青色の光を強く吸収し相殺する働きがあり、電子機器による青色光にあふれた現代にこそ必要とされているわけです。

 

そしてルテインもまた抗酸化作用を有するため、紫外線を浴びて活性酸素が放出された部位のダメージを予防・軽減してくれる意味でも重要で、眼精疲労の予防だけでなく経年劣化を抑えて老眼予防にも繋がる、ありがたい色素と言えます。

 

ルテインは天然か化学合成成分かによって、効果や安全性に大きな差があります。石油由来ルテインによる健康被害が大々的に取り上げられてからは、天然ルテインを配合している商品はその旨が必ずといっていいほど書いてありますので、マリーゴールド花弁などの天然素材に由来したルテインを選びましょう。