眼精疲労になると目の渇き・しょぼしょぼする?

目がやたらしょぼしょぼする、目が頻繁に乾いてしまうという人は、やはりドライアイが一番に疑われます。ドライアイは涙の分泌量が恒常的に減少している状態であり、常に目の乾きに悩まされることになります。そして目の乾きは単なる違和感をもたらすだけでなく、目の健康状態を少しずつ奪っていき、さらに眼精疲労の原因にもなるのですから、決して軽視することのできない大きな健康問題なのです。

 

皮膚から汗や脂が出るのは乾燥を防ぎ健康や免疫力を保つためであり、乾燥するとガサガサするだけでなく皮膚炎の原因にもなります。目も同様で、目の粘膜が乾燥すると粘膜の表面がゆがんだり荒れたりします。また涙には殺菌成分なども含まれているため、分泌量が減ると結膜炎などの感染性炎症リスクが大幅に増大します。

 

ドライアイの原因はいくつかありますが、やはり目の周りの筋肉に起因したものが多いようです。目の酷使による筋肉の凝りは目の周囲の血流を妨げ、これは涙の分泌を減らす原因にもなるのです。またストレスによる自律神経失調症の症状としても、涙の分泌減少およびドライアイが引き起こされることがあります。

 

ドライアイの状態では、とにかく目が外部からの脅威に対して脆弱となっています。目の粘膜が潤っておらず乾いていると、小さなゴミでも容易に傷ついてしまいますし、またウイルスや雑菌も洗い流されず定着する確率が高まります。ですから、すぐに病院に行って看てもらう必要があります。